サイト制作は外注がおすすめ?|業者に依頼するメリット・デメリット

ホームページやサービスサイトなどをWeb上へ公開・運用したい場合、WordPressの構築知識がない際には外注するといった手段がある。制作代行の業者やフリーランスのデザイナー・コーダーへ依頼する方法など考えられるだろう。
ITやWebの知見がなければ、基本的には外注するのが無難である。制作だけでなくWebマーケのノウハウがある業者であれば、サイト制作に加えて検索流入やGoogleマップからの対策(MEO)なども代行してくれる。集客に関する課題があるなら、業者への依頼が効果的だ。
ただ、業者への依頼では注意も必要。費用が高く、簡単なWebサイトの制作・公開でも10万円以上はかかる。より複雑な仕様・希望があると、もっと高額になるためコスト面での懸念はある。また、制作会社に依頼しても希望のデザインにならない可能性もあり、安いプランだとテンプレ的なサイトにしかならない。
デザインやSEO対策などこだわる部分が多いなら、インハウスでの制作を推奨する。外注に依頼するより手間がかかる可能性もあるが、長期的な運用とカスタマイズ性を考慮するとおすすめだ。また、外注では納期が長期間になることもあり、あまり時間がない場合には社内での制作が良いだろう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク