ハーブガーデニングの切っ掛け

中学生の頃にダイソーでミントの種を買ったのが切っ掛けだったと思います。
元々理科が好きで特に植物の授業が好きでした。図書室にハーブの種類とその育て方が書いてある本を見つけ手に取った事が始まりだったようにおもいます。
少ないお小遣いで種とプランターを買い、祖父母の畑から土を取ってきて種を植えました。学校から帰る度に水をやりながら早く芽が出てこないかと楽しみにしていました。
数日もすれば芽がいくつも出てきて、私は成長を楽しく見守っていました。
そろそろミントを収穫しようかと思っていたある日、学校から帰ってプランターを見ると昨日は青々と茂っていたミントが全部引っこ抜かれているではありませんか。母に聞いてみても触ってもいないと言われ、祖母に聞いてみろと言われたので聞いてみると「雑草がたくさん生えていたから草引きしといたよ」と返ってきました。ショックを受けた私は、「あれは雑草じゃない!ミントって名前のハーブなんだ!」と言いましたが祖母は理解していませんでした。
その後私は祖母でもわかる様にハーブでは無く、ひまわり等の花を中心に育てていきました。
今はもう実家を出て自分の好きなハーブを好きな様に育てて、本以外にもネットで育て方を調べガーデニングを楽しんでいます。もちろんその中にはミントもあります。ミントを見てはあの祖母とのやり取りを時々思い出しています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク