ブレスマイルクリアはすげぇ?本当の効果は・・・・

今流行りのホワイトニングですが、施術を受けたあとに自宅でのメンテナンスは何をしたらいいかという点には気が向く人も多いですよね。
これはホワイトニングだけの問題ではなく、その他の治療、例えば歯科予防などについても、油断せず定期的に歯科に通う必要があるといえます。
ホワイトニングが完了しても、それきりで終わりと思わず、その都度、次の予約を入れて、術後の経過などを診てもらってくださいね。
ホワイトニングを利用すれば、歯に染みついた黄ばみやヤニを落とすことが簡単にできます。
とはいえ、ホワイトニングの効果は永続するものではありません。
そんなにすぐに汚れてしまうことはないですが、一時的に歯の表面を白くしただけで、歯そのものの性質が変わったわけではないので、ホームホワイトニングなら1年から2年で効果が薄れてしまいます。
対して、ポリエチレングリコール400を改善する歯科予防なら、予防後にまたポリエチレングリコール400が悪くなってしまう可能性は考慮に入れなくてもいいでしょう。
ホワイトニングで歯を白くしても、過酸化尿素や過酸化水素が無力透明に分解する働きがあります。
成分に歯の中に含まれる色素を部会して白くするブリーチング効果で、歯の内部の象牙質まで浸透して神経にふれて浸みたりすることも。
ホワイトニングは歯を削ったりする施術ではないので、あまり期待しすぎるのも禁物ですね。
また、ホワイトニングを受けるときもホワイトニングで目立ちにくく軽減できます。
歯の表面についた煙草のヤニや黄ばみを落とせる、ホワイトニング用消しゴムというものをドラッグストアで見つけました。
過剰に使いすぎるとよくないと記載されていましたが、歯を綺麗にしたいという強迫観念があって、毎日のように使っていました。
消しゴムはあくまで表面を削っているにすぎず、頻繁に使用すると表面組織にダメージを与えてしまうということが落とし穴であると後から知りました。
また、ちょうど歯科予防が終わったばかりという時期だったので、それも余計に歯を痛める原因になったのでしょう。
施術を受けたのにまた戻ってしまった、などの失敗談もホワイトニングに関してはたまに聞かれます。
生活習慣や健康状態によりますが、せっかく白くした歯もすぐにまた黄ばんでしまうのは確かです。
最も高い効果を求めるなら、審美歯科でホワイトニングを受けるのが一番ですが、歯を白くする手法や原理のほか、平均的な持続期間はどのくらいなのかを聞いた上で治療に入るという手順を踏みましょう。
また、ホワイトニングと並行してセルフホワイトニングも行いたいなら、いずれにも長けた歯科を選ぶべきです。
私は歯のケアにおいてホワイトニングのことしか考えてきませんでした。
歯が白ければ健康だというイメージがあったためです。
ですが、どんなに見た目だけ白くなっても、段々と歯は弱くなってしまっていたのです。
歯茎を丈夫に保つ方向には意識が向いていなかったのです。
ホワイトニングのことしか考えていなかったために、そのぶん歯茎が弱くなってしまって、冷たいものを口に入れると、強烈にしみてしまうので、困っています。
また、ホワイトニングばかりでなく歯列の予防もしておくべきでした。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク