世界最大のダイヤモンド、オークションにて販売される!

国際的な宝石オークションハウスであるサザビーズは、2022年2月3日から9日まで、世界最大のカットダイヤモンドをオークションにかけると発表した。
このダイヤモンドは、「エニグマ」と名付けられた555.55カラット(111.11グラム)のブラックダイヤモンドで、約20年前から存在が確認されていたが、長らく個人の手に渡っていたものである。オークションに先立ち、ドバイ、ロサンゼルス、ロンドンで一般公開されますが、このダイヤモンドが一般に公開されるのは今回が初めてです。また販売されるのも当然初めてになります。
エニグマは「謎」という意味だそうです。
このエニグマが「史上最も希少なダイヤモンド」と言われる理由は、その重さと原産地の2つです。
まず、原石からカットされ、研磨された後の555.55カラットは、これまで作られたダイヤモンドの中で最も重い。これは、エニグマが世界最大のカットダイヤモンドであることを意味します。
これまで世界最大のダイヤモンドは、545.67カラットの「ザ・ゴールデン・ジュビリー」でした。
「ザ・ゴールデン・ジュビリー」は、1985年に南アフリカで発掘された755.5カラットの原石からカットされ、オレンジがかったダークブラウンが特徴である。原石から取り出された後、それまで世界最大のダイヤモンドであったカリナンルよりも重くするために、ダイヤモンド研磨師のガビ・トルコウスキーが考案した新しい技法「ファイアーローズクッションカット」で丁寧に研磨された。
約3年の研磨期間を経て、カリナンより15.37カラット(約3グラム)重くすることに成功した。
そして、このダイヤモンドは1997年、タイのラーマ9世国王のゴールデン・ジュビリー(即位50周年)を記念して贈られました。
ダイヤモンドのカットや研磨は、自由にデザインすることができない。ダイヤモンドは一定方向に割れる性質があるため、原石から最大限の宝石を取り出すためにカットされるのが普通である。
さらに、ダイヤモンドは輝かなければ意味がない。
例えば、婚約指輪でおなじみのラウンドブリリアントカットは、1919年にギャビ・トルコフスキーの親戚であるマルセル・トルコフスキーが考案した「The Golden Jubilee」のカットである。58面にカットされたこのダイヤモンドは、上面から入った光を内部で反射させ、すべての光が上面に戻ってくるように設計されている。
意図的に世界最大のカットダイヤモンドを目指す場合、原石からの歩留まり、割れる方向、輝きの強さのバランスを考えてカットデザインを決定している。
そんなダイヤモンド、一度は見てみたいものです。
いったいいくらの値段がつくのでしょうか?

カテゴリー: 未分類 パーマリンク