外壁塗装の色選びのよくある間違い

間違い1:街並みと一致しない
家の色にこだわりすぎて、街並みとは対照的な色を見つけてしまうことがあります。
カタログや色見本から色を選ぶと、周りの家と比べて「派手」「地味すぎる」色になってしまうことがあります。
街並みの雰囲気を無視した色を選ぶと、景色が台無しになったり目立たなくなったりするので注意が必要です。
周りの雰囲気や色を見て、自分に似合う色を見つけることが大切です。
北海道の格安の外壁塗装業者に見積もりを依頼するときにはこちらのおすすめ記事をぜひ読んでみてください。
間違い2:ドアや屋根との色の相性が悪い
外壁塗装の色を決める際、ドアや屋根の色を無視して、壁の色だけに注目してしまうことがあります。 外壁の色を決める際にドアや屋根の色を無視すると、色が合わなくなって全体の見栄えが悪くなってしまうことがあります。
ドアや窓のサッシなどのパーツは、外壁の色に合わせる必要があります。
外壁の色を選ぶときは、壁の色にこだわるのではなく、ドアや屋根の色を見て総合的に判断しましょう。
間違い3:汚れが目立つ
おしゃれな外壁に塗装したつもりでも、汚れが目立ちがち。
外壁は明るく派手な色を好む人が多いですが、色によっては汚れが目立ちやすいので注意が必要です。
「周りの外壁が無地だから目立ちたい」という考えが働きがちです。
最初はいい色でも、汚れてくると実用性が低下し、最終的には落ち着いた色で良くなる傾向があります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク