失敗することは成長する上で避けられないこと

失敗を成長の機会と捉えることができない人は、自分を責めたり、反省したりしても過去は変わらないことを理解してください。
例えば、ミスをして上司に怒られ、落ち込んでしまったとします。
あまりにも落ち込んでいるため、成長するチャンスだと考えることすらできません。
まず考えるのは、「あのとき、なぜあんなことをしたのだろう」という後悔の念です。
過去の自分の行動を責めて「あの時、ああしていればよかった」一晩中考えてしまうかもしれません。
しかし、いくら考えて後悔しても自分を責めても、時間を巻き戻すことはできませんし、やり直すこともできません。
つまり、起こってしまったことは変えられないのです。
ですから、過去のことを考えても意味がありません。
過去のことを考えるよりも、過去の失敗を未来に活かそうと考えるべきです。
それは将来、同じ失敗をしないための教訓になるに違いありません。
どれだけ才能がある人でも失敗は必ず起こります。
落ち込んでしまう気持ちも分かりますが、落ち込んだままでは何も変わりません。
変えられるのは自分の未来です。未来を変えるためには、今できることをしなければなりません。
だから、くよくよするのではなく、未来の自分のためにも、一刻も早く気持ちを切り替えてください。
そうすることによって過去もいい経験に変えることができるはずです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク