映画が大好き

「あの頃ペニーレインと」
15歳の男の子が大人に成りすまし音楽雑誌のライターになりバンドのメンバーやグルーピー達とも仲良くなり一緒にツアーまで行きインタビューをしたりグルーピーの女の子と仲良くなり楽しさばかりの日々が羨ましく思う作品です。
特にケイト・ハドソンと仲良くなり彼女が薬中毒になってしまった時も側にいたシーンも忘れられません。ツアー中はみんな酔っぱらい、ホントあの世界に自分も一緒だとどんなに楽しい思いをしただろうと妄想してしまいます。
結果、みんなバラバラになっちゃうんですけどあの頃が懐かしく思っている主人公がどんな大人になって行くのか興味を持ちました。
DVDを買い何度も見ています。大好きです。
「半分、青い」
鈴愛と律はそれぞれ別の人と結婚してしまったけれどお互い上手くやって行けるのだろうか?
鈴愛はもう本当にマンガの世界を忘れて書くことを辞めてしまうのかが気になります。
りょうちゃんのお人好しぶりにはちょっと違和感を感じました。
お金を借りてまで元住吉に制作費として渡したり。
鈴愛は藤村三姉妹と上手くやって行けるのか…
まぁ、すずめはマイペースだから上手くやっていけるでしょう。
新しい生活を始めたりょうちゃんとは今後どうなるのか楽しみです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク