東国原英夫氏「日韓トンネル」構想に関する過去の発言を釈明「現在はまるっきり逆、反対の立場」!?

前宮崎県知事でタレントの東国原英夫氏(64)が25日までに自身のツイッターを更新。日本と韓国を結ぶ「日韓トンネル」計画について、過去の発言を説明し、現在の思いを語った。
写真:自身がデザインした靴を手にする東国原英夫氏。
 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係が取り沙汰される日韓トンネル計画について、東国原氏が宮崎県知事時代にトンネル建設を推進する発言をしていたことがインターネット上で取りざたされている。
 東国原氏は、年末に行われる宮崎県知事選挙(2012年12月8日告示、12月25日投開票)に出馬することを正式に表明している。この発言の真意をネットユーザーから問われ、「何度説明すればわかるんだ?日韓トンネルについては、10年以上前に九州経済界や当時の議員連盟からの助言で発言したと説明。現在は立場が全く逆で、日韓トンネルの建設には反対であると述べた。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク