社労士になるためのおすすめの勉強方法について現役社労士が解説!

社労士試験の勉強方法について悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
社労士試験に合格するためには、効率的な勉強法に取り組むことが一番の近道です。
社労士を受験すると決めたら、まずは勉強計画を立てることが勉強法の第一歩です。
社労士試験に限らず、どの資格対策にも共通することですが、あらかじめ決められた試験日に向けて準備をする必要があります。そのため、長期的な視点に立った計画を立てることが不可欠です。
しかし、受験者の大半が社会人である社労士試験の勉強では、あまり厳格な計画に縛られることは好ましくなく、ある程度柔軟な見通しを立てることが効果的な傾向にあります。
社労士試験の学習時間は、一般的に1,000時間程度と言われています。そのため、「1年計画」という学習スケジュールが一般的です。
「短期合格」を謳う資格制度もありますが、試験は出題範囲やレベルが膨大なため、じっくりと時間をかけて学習する必要があります。
すでに受験して基本をマスターしている方、実務経験があり試験対象法の知識がある方でも、油断は禁物です。試験当日に思わぬ知識の抜けが生じないよう、十分な時間をかけて徹底的に試験対策を行ってください。
社会保険労務士試験の正しい学習計画を年間を通して実施することで、初心者や実務経験のない方でも、無理なく合格することができます。
出題傾向が顕著な社会保険労務士試験の勉強法を考える場合、「過去問」の有効活用を重視することが不可欠です。社会保険労務士試験は過去問の焼き直しで出題されることが多いので、過去問を中心に勉強すれば効率よくポイントを抽出することができます。
しかし、単に過去問を解いて知識を確認するだけでは、過去問から最大限の学びを得ることはできません。日々の試験勉強の中で積極的に過去問を解き、現在の自分の知識レベルや得意・不得意を確認し、過去問を社会保険労務士試験勉強の方向性を決めるための羅針盤とすることが必要なのです。
社労士の試験対策のおすすめは通信講座です。
下のページでは現役社労士によるおすすめの社労士通信講座を徹底比較しているのでぜひ受講の参考にしてください。
現役社労士おすすめの社労士通信講座比較

カテゴリー: 未分類 パーマリンク